目にやさしい生活を始めよう

このサイトでは、視力の矯正に使用されるメガネやコンタクトレンズについてのまめ知識をご紹介しています。
それぞれを着けたときの印象の違いや、どのようにして作れば良いのかその流れについて、またどちらも視力を矯正するのに使われますが、それぞれを併用するメリットや使い分けの方法にも触れています。
視力が下がったため、これから購入しようと考えている際には役立つ情報を集めたサイトなので、参考にするのがおすすめです。

メガネとコンタクトレンズのまめ知識

メガネとコンタクトレンズのまめ知識 視力を矯正するのにメガネを使うか、コンタクトレンズを使うかこの2つで迷っている人もいるでしょう。
手術で視力を上げる方法もありますが、一般的には視力が下がった場合には、これらのどちらかを使用する場合が多いです。
コンタクトレンズとメガネにはそれぞれに魅力とメリットがあります。
コンタクトレンズが役立つ場面がある一方で、メガネの方が便利な場合も多くあるのが特徴です。
視力がそれほど悪くないのであればコンタクトのみで済む場合もありますが、視力が悪い場合にはメガネが欠かせないこともあります。
それぞれの特徴とメリットを把握して自分に合った方を選ぶのもよいですが、両方を併用してそれぞれに使い分けるのも良いでしょう。

メガネとコンタクトレンズ、目の負担が大きいのはどっちか。

メガネとコンタクトレンズ、目の負担が大きいのはどっちか。 視力が落ちてきたらまず作るのはメガネでしょう。
子供の頃なら、保護者の方と眼科医に行きまず治療をしていくのがよくあるケースですが、そうしていても次第に黒板の字が見えにくくなって、メガネの必要性を感じてメガネ屋さんを訪ねるという風になっていきます。
子供の頃は言われるがままにメガネをつけていても、少し大きくなってくると見た目の問題や運動のしやすさなどの問題でコンタクトレンズに変える人が多くなります。
コンタクトレンズはつけることでよく見えるので、今まで物が見えにくくて目を細めてしまい目つきが悪くなっていた人も、目をパッチリ大きく開けられるようになって表情が生き生きと美しくなります。
ということでコンタクトレンズは人気がありますが、目の負担が大きいのが欠点です。
目の表面にずっと載せていますから目が乾燥しやすくなりますし、レンズに傷があると目も傷つけてしまう恐れがあります。
また長時間つけっぱなしでいることで目の細胞が弱くなってゆくという欠点もありますし、洗浄が不十分だと黴菌がついてしまう可能性も高くなります。
目に直接入れて使うものだからこそ、衛生管理と安全管理をしっかり行うことを自分で肝に銘じなければなりません。

メガネはできる限り品質の良いものがおすすめ

最近は格安メガネが広く出回るようになりました。
価格が安くなるのは消費者にとって大変ありがたいことで、複数のメガネを使い分けることもしやすくなりました。
メガネの価格が安くなってきた要因として、レンズの価格が大きく下がっていることが挙げられます。
しかも品質は向上しているのに、価格は下がっているのです。
これは技術の進歩により、製造コストの削減が効果を上げているということなのでしょう。
レンズほどではありませんが、メガネフレームも同様に値下がり傾向にあります。
ただフレームの品質は価格に大きく反映されます。
あまり良いものでないと、簡単に変形してしまうこともあるので注意が必要です。
レンズは取り換えることができますが、フレームはそういうわけにはいきません。
長く使い続けるためにも、多少高くてもしっかり作られているものがおすすめです。
日本製であれば間違いありませんが、予算が許す限り良いものを購入すると、後から後悔しなくても済むことでしょう。

視力を矯正するメガネが必要となる基準について

メガネは視力を矯正するものです。
普段から見えにくいと感じるだけではなく、健康診断や自動車免許を取得したり更新したりする時に視力検査も行われるため、必要かを考えるタイミングは意外と多いです。
基準は見える力によって決められています。
1.0以上であれば裸眼でも十分に見ることができますが、0.7〜0.9になると遠くの文字が見えにくくなる状態になるため注意します。
0.3〜0.6ほどになると、車をする時には必ずメガネなどの矯正器具を使います。
日常的には支障がない状態で、運転するなどの時だけかけるようにします。
0.2以下になると、景色なども見えにくいので日常的に身につけることがおすすめです。
また、メガネは近視だけではなく遠視や乱視の状態でも必要となってきます。
自分の目の状態をはっきりさせるためには、眼科に行ってきちんと検査を行います。
メガネを新しく作る、買い換える際にも眼科に行くことで自分に合ったものを作れます。

メガネの調整は購入した専門店に持ち込むのが一番

メガネを長く使っていると、どこかにぶつけたり落としたりしてフレームが曲がってしまうことがよくあります。
曲がったフレームのままでメガネを使用していると見えにくくなったりしますし、見た目にもよくありませんから早く調整するのがおすすめです。自力で直そうとする人もすくなくありませんが、はっきり言っておすすめできません。
ゆるんだネジを締めるくらいなら素人でもできますが、歪んだフレームを直す場合は、ちゃんとメガネ専門店に持ち込んでメンテナンスしてもらいましょう。
メンテナンスしてもらうのは、そのメガネを購入したお店がベストです。購入したお店であれば、たいていどこもメンテナンスは無料でやってくれますし、部品交換などが必要になる場合でも即座に対応してもらえる場合が多いです。他店に持ち込んだ場合でも無料で調整してくれることが多いですが、部品交換などの専門的な対応は不可能になることもあります。
お店に持ち込む場合は、保証書などがあれば必ず持参しましょう。保証期間内なら無償修理・無償交換できる場合もあります。

メガネのメンテナンスは常日頃から心がけておくこと

使用しているメガネのメンテナンスは必要不可欠で、もしもそのまま放置していたらフレームが歪んだりレンズに傷が付いたりなど様々なデメリットが生じます。
たとえ慎重に扱っていても負担は避けられないため、購入した店で定期的にメガネの手入れをしてもらうのが理想です。月に1回、もしくは3か月に1回が手入れの目安ですが、現実問題として毎月あるいは3か月も通うのは困難となっています。
その場合は日頃は自己ケアでレンズの状態を維持し、店に通う時間が出来たら行くという体が一番です。レンズの状態を維持する方法は簡単で、メガネシャンプーあるいは中性洗剤を桶に1滴から2滴たらし、水を注いで洗うだけとなります。洗い終わったら柔らかい布で拭い、クリーナーやスプレーをかければ完了です。
コツとしては洗剤が残らないようにすることなどが挙げられるものの、洗剤を使用する場合はレンズのコーティングを傷つけない中性のものを選ぶことが挙げられます。

徳島のメガネについて詳しく知りたい

徳島 メガネ